新着情報

TOP > 新着情報 >病院敷地内全面禁煙にご協力ください

新着情報

病院敷地内全面禁煙にご協力ください

2010年1月4日

病院長

喫煙による健康への影響が騒がれていると同時に、自らの意思とは関係ない、環境中の受動喫煙(たばこの煙を吸入すること)への影響に社会的関心が高まっています。
 受動喫煙は、非喫煙者の健康への影響はもちろん、非喫煙者に対して不快感やストレスなども与えていることが指摘されています。そのため、病院や学校などの公共施設では、健康の確保や、快適な環境形成を促進する観点から、受動喫煙を防止するための対策がより一層求められています。

平成15年5月1日に施行された健康増進法では、受動喫煙を防止する措置を講じることが義務づけられました。
 当院においても、病院建物内での喫煙を実施してきましたが、病院建物外に喫煙コーナーを設置しているため、受動喫煙の防止が十分ではありませんでした。

そこで、当院は、「皆さまの健康を守るために最適な療養環境を提供する」という立場から本年4月1日から病院敷地内全面禁煙(駐車場を含む)を実施することとしました。現在、当院を利用される患者さまやご家族の皆さまに、ポスターやチラシなどにより周知を図っています。
 この実施により、これまで病院建物外に設置していた喫煙コーナーは、3月31日をもって廃止します。

皆さまのご理解とご協力をお願いします。

テーブルの説明
  • 病院のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通のご案内
  • 看護部のページ
  • 広報