健診センター

TOP > 健診センター > 乳腺エコー単独検診

オプション検査

  乳がん検診は触診、マンモグラフィ検査、乳腺超音波検査がありますが、定期的にこれらの検査を組み合わせるのが望ましいとされています。 各検査項目で、検出しやすい病変が異なるだけでなく、検査に適した年代も異なっています。 特に乳腺が発達した若い世代の方(閉経前で乳腺濃度の高い方)は、乳腺超音波検査の併用をお勧めします。

  乳腺超音波検査とは・・・超音波をあて、音の反射を画像化する検査です。 乳房表面にゼリーを塗り、その上からプローブと呼ばれる機械をすべらせて乳腺の状態を調べます。 痛みはなく、被曝もありませんので、ペースメーカを装着されている方や妊娠中・授乳中の方も検査が可能です。

  注)乳がん検診はしこりがあるかないかを判断する目的で行いますので、ご自身でしこりや痛み等の症状がある方、既に外来治療・経過観察中の方は外科外来での精密検査(保険診療)をお勧めします。

乳腺エコー単独検診(税込み)

検査項目と料金(税込み)
検査項目 検査内容 料金(税込み)
乳腺エコー単独
検診
乳腺超音波検査 3,780円

参考資料ダウンロード:乳腺エコー単独検診のご案内(PDF)