認定看護師のご紹介

 私たち認定看護師は患者様やご家族様によりよい看護を提供できるよう分野ごとの専門性を発揮しながら看護の質向上に努めています。
 私たち認定看護師が地域との橋渡し的な役割を担い、シームレスな連携を構築していきたいと考えていますので、お気軽にお声がけ下さい。
 ※出前講座も随時受け付けております。


認定看護師の声

皮膚・排泄ケア認定看護師 山家 正美
  平成30年度より、在宅で療養をされている方の褥瘡に加えストーマケアでも、訪問看護ステーション看護師と同行訪問が可能となりました。 褥瘡やストーマの評価を行い、治療効果が得られるようなケアを一緒に考え実践してまいりますのでご相談下さい。
   @ 認定看護師同行訪問看護について     詳しくはこちら ( 初回 ・ 連携シート[継続用] )
   A ストーマケア外来  要予約
   B フットケア外来     第2・4 月/木曜13時30分〜

感染管理認定看護師 鈴木 美穂
  感染対策チームのメンバーとともに院内ラウンドやカンファレンス、研修会などを開催し、感染徴候が発見された場合には、早期に対応し、感染拡大しないよう指導しています。また病院内におけるすべてのひとを感染から守れるよう活動しています。
  インフルエンザやノロウィルスへの対応は?退院後の部屋の掃除は?など困っていることがあればご相談ください。

救急看護認定看護師 阿部 由美
  救急看護は、突発的に起こった怪我(外傷)や、急に発症した病気(急性疾患)、慢性的な病気の急激な悪化(慢性疾患急性憎悪)など、性別、年齢を問わず様々な状況下で救急処置が必要な方々に実施される看護です。活動の場としては救急外来、院内急変、病院前救護、災害救急医療等が主なものとされています。
  現在、私は救急看護、災害看護、呼吸ケアチームの一員として院内で活動するとともに地域に根ざした病院の役割として院外で出前講座も実施していますのでお気軽にご連絡下さい。

感染管理認定看護師 籾浦 真奈美
  病棟配属の感染管理認定看護師として、病棟業務のなかで標準予防策や手指衛生など必要な感染対策が効果的に行われるように関わっています。
  感染対策について知りたいことや、分からないことがあるときはどうぞ声をかけてください。

緩和ケア認定看護師 大江 奈美子
  緩和ケアは、病気の診断を受けた時からはじまるケアです。苦痛が緩和され、病気があっても自分らしい日常生活が送れることを目標に私は活動しています。そのため、入院時から在宅での生活を意識した関わりがとても重要になります。
  影響し合うさまざまな苦痛に対して院内外で継続したケアを実践していきたいと思いますので、お気軽にご相談ください。

平成30年度 認定看護師への相談、出前講座申込について

 1.相談・出前講座は申込用紙に記入してください
     詳しくはこちら  ( 認定看護師相談用紙 )
 2.FAXまたは郵送で申し込みしてください
 3.受け付け後、担当認定看護師より連絡いたします
 4.不明な点については看護事務室まで連絡をお願いいたします
 5.出前講座の日時については要相談となりますが、ご要望にそえないこともありますので、ご了承ください

  【問い合わせ先】
    〒989-0231 白石市福岡蔵本字下原沖36
    公立刈田綜合病院 看護事務室(佐々木、門脇)
    認定看護師相談依頼窓口
    電話 0224−25−2145 FAX 0224−25−2164