病院のご紹介

TOP > 病院のご紹介 > 沿革
病院のご紹介

沿革

沿革
明治15年 3月 宮城県立宮城病院(現在の東北大学病院)白石分院として開設
明治17年 6月 同分院廃止
明治18年 2月 刈田郡立病院として再開設
診療科 : 内科、外科
明治23年 2月 白石町外10ヶ村組合(白石町、円田村、白川村、宮村、福岡村、大平村、大鷹沢村、斎川村、越河村、小原村、七ヶ宿村)公立刈田病院創立
明治28年 4月 白石町外9ヶ村組合(円田村離脱)公立刈田病院設置の件答申(同年6月許可)
大正12年 3月 小児科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線科新設
昭和18年 2月 日本医療団宮城支部に吸収
昭和20年 4月 日本医療団白石病院と改称(同年11月許可)
昭和24年 5月 日本医療団宮城支部解散に伴い閉鎖
昭和24年 6月 白石町外9ヶ村組合において公立刈田綜合病院として発足
昭和29年 4月 白石市外3ヶ村(宮村、小原村、七ヶ宿村)組合に変更
昭和30年 4月 白石市外1町2村(宮村と円田村が合併し蔵王町となる)組合に改称
昭和32年 4月 白石市外二町(七ヶ宿町制施行)組合に改称
昭和34年 2月 我が国最初の公立病院ベッド・スクール開校
昭和37年 4月 病床数299床(一般212床、結核60床、伝染27床)
診療科7科(内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科)
昭和38年 4月 地方公営企業法に基づく財務規定適用
診療科9科(内科、小児科、外科、整形外科、皮膚・泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、理学診療科)
昭和43年 4月 麻酔科を新設し診療科10科
昭和43年 6月 白石女子高等学校衛生看護科、病院実習開始
昭和44年 2月 救急病院の指定
病診連携による救急医療体制を確立するため、当院の機能、施設、設備のオープン化(白石方式セミオープンシステム)実施
昭和51年 5月 重症救急患者の2次診療を実施
昭和53年 5月 人工透析医療を開始
昭和55年 10月 病院群輪番制を実施
昭和56年 10月 C・Tスキャナ導入
昭和61年 4月 病床数316床(一般275床、結核28床、伝染13床)
昭和62年 4月 皮膚科・泌尿器科を分離し診療科11科
平成2年 4月 循環器科が内科より独立し診療科12科
平成4年 8月 病床数304床(一般275床、結核16床、伝染13床)
平成5年 11月 病床数298床(一般275床、結核16床、伝病7床)
平成7年 4月 MRI稼働
平成9年 3月 災害拠点病院の指定
平成9年 6月 病床数290床(一般275床、結核8床、伝染7床)
平成9年 11月 心臓血管連続撮影装置稼働
平成14年 5月 新病院開設 病床数308床(一般300床、感染4床、結核4床)
診療科17科(内科、消化器科、呼吸器科、循環器科、外科
小児科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科
泌尿器科、リハビリテーション科、(以上既設診療科14科)
麻酔科、神経内科脳神経外科、心臓血管外科(新設診療科3科)
平成15年 4月 放射線科を開設し、診療科18科となる
平成15年 10月 臨床研修病院の指定を受ける
平成15年 12月 地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける
平成17年 8月 (財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定を受ける
平成20年 3月 全身用コンピュータ断層装置(64列CTシステム)導入
平成20年 4月 院内保育所開設(白石市福祉センター内)
平成21年 1月 第6病棟休止
平成21年 2月 公立刈田綜合病院改革プラン策定
平成22年 3月 MRI撮影装置更新(1.5テスラ)
平成23年 2月 第6病棟再開
平成23年 4月 回復期リハビリテーション病棟開設
平成24年 2月 デジタル式乳房X線撮影装置(マンモグラフィー)更新
循環器系X線診断装置(心臓カテーテル装置)更新
平成24年 6月 人工透析室8床増床(計50床)
平成25年 3月 院内保育所落成式 名称「どんぐり保育所」として運用開始