平成29年度 公立刈田綜合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 264 97 50 89 123 184 487 635 890 324
当院の入院患者は70歳、80歳代が多く半数を占めており、60歳以上では74.3%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 99 44.86 20.83 7.1% 85.96
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 54 32.32 12.34 0% 81.34
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 34 75.28 17.71 0% 87.47
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 27 8.95 5.15 0% 73.49
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア3 25 25.27 16.97 12.0% 86.47
内科は誤嚥性肺炎、尿路感染症、肺炎など感染症の患者が多くなっています。一番多い疾患は肺炎ですが、28年度から肺炎のDPCコードが大きく変更となり、年齢や重症度別に細かく分類されたため、高齢者の中等度の市中肺炎のみの患者数となり、5番目となっています。3番目は心不全で、入院日数のばらつきが極端に大きいため、平均在院日数が長くなっています。在院日数の中央値は35日です。
全体的に平均年齢が高齢で、在院日数は全国平均より長くなっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 10 22.89 10.71 0% 73.60
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 20.83 - -
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
060190XX99X0XX 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.06 - -
110290XX99X00X 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 14.30 - -
消化器科は大腸ポリープ切除が一番多いですが、集計の対象外です。集計条件では出血性胃・十二指腸潰瘍の内視鏡治療が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 58 5.76 5.94 0% 1.44
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 副傷病なし 55 3.51 6.32 0% 4.20
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 38 3.39 5.50 0% 4.16
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 23 5.47 6.03 0% 5.31
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 22 4.74 5.70 0% 5.35
小児科は急性気管支炎、急性細気管支炎が一番多く、喘息、肺炎も含め小児呼吸器疾患が多くなっています。3番目にウイルス性腸炎が多くなっています。小児科の平均在院日数は全国平均より短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 31 14.90 8.98 0% 74.54
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 21.29 12.34 0% 73.60
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 16 6.82 5.50 0% 51.79
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 15 9.11 7.87 0% 55.56
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 15 16.34 7.40 0% 70.88
外科は腸閉塞の治療が多くなっています。次いで尿路感染症が多く、3番目にウイルス性腸炎です。4番目は大腸の憩室炎、胆のう炎の腹腔鏡下手術の件数が同数で多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 76 55.50 27.09 0% 82.05
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 33 15.45 5.21 0% 68.36
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 22 29.80 19.94 0% 73.18
071030XX99XXXX その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 21 21.61 9.88 0% 68.32
160800XX97XXXX 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 14 44.30 19.73 0% 74.35
整形外科は大腿骨近位部骨折に対する手術の症例が一番多くなっています。次いで前腕、手首の手術、脊椎圧迫骨折と、高齢者の転倒等による外傷が多くなっています。術後に回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟に移り、リハビリを継続して治療を行っているため、平均在院日数が全国平均より長くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140XXXXXXXX 流産 14 2.00 2.43 0% 32.43
120165XX99XXXX 妊娠合併症等 手術なし - - 12.02 - -
120070XX01XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - - 10.27 - -
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 9.91 - -
120090XX97XXXX 生殖器脱出症 手術あり - - 9.27 - -
産婦人科では流産や妊娠合併症の症例が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼 27 3.49 8.51 0% 76.23
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 17 2.24 3.29 0% 80.81
020320XX97XXXX 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 12 2.33 3.32 0% 71.41
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.85 - -
020250XX97XXXX 結膜の障害 手術あり - - 3.30 - -
眼科は白内障手術の症例が一番多いですが、集計条件では緑内障の手術症例が一番多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - 10 - - - 17 1 7
大腸癌 - - 15 24 - 20 1 7
乳癌 - 16 - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発とは、自院・他院を問わずがんと診断されてから最初に治療計画を立てて、治療の評価を行うまでの期間をいいます。
再発とは、最初の治療計画を終えて再評価をしてからの治療をいいます。ただし、最初の治療計画で立てた治療中に転移などを認めた場合はその時点で再発となります。
がんと診断されてから治療を行うまでの間に、詳しく検査を行い、得られた結果から、がんがどのくらい進行しているかを調べます。これを病気分類(ステージ)といい、数字が大きくなるほど進行し、Ⅳが最も進行している状態となります。

胃がんはStageⅡに対する治療が多くなっています。大腸がんはStageⅢ、Ⅳの進行した状態での治療が多くなっています。乳がんはStageⅡが多く、手術の症例が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 87 20.10 73.25
重症 59 25.97 84.25
超重症 22 41.41 85.50
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎について、A-DROPスコアの重症度分類別に集計したものです。
重症になるにつれて平均在院日数、平均年齢が高くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 70 54.90 81.39 15.71%
急性期・慢性期を合わせた患者数で集計しています。
当院では回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟を有しており、急性期を脱した患者さんや社会復帰、在宅復帰に時間のかかる患者さんに対しても継続して治療・リハビリを行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 34.18 50.45 45.45% 84.64
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) - - - - -
K8282 包茎手術(環状切除術) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
内科は胃瘻造設術が一番多くなっています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 25 1.04 1.64 0% 66.60
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
消化器は大腸ポリープの内視鏡的切除術が一番多くなっています。2番目は胃十二指腸出血に対する内視鏡を使用した止血術が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 51 1.37 5.39 0% 69.06
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 3.04 11.41 3.70% 64.74
K610-3 内シャント設置術 13 2.23 7.00 0% 65.00
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 18.40 8.30 20.00% 68.50
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
外科は鼠径ヘルニア手術が多くなっています。2番目は腹腔鏡下胆のう摘出術です。腹腔鏡を使った傷の小さな手術です。3、4番目は人工透析を行う上で必要な内シャントに関する手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 70 1.39 49.11 0% 81.24
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖、手、足) 47 1.11 18.55 0% 62.57
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 2.05 60.55 0% 80.40
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) 20 1.80 41.90 0% 63.10
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 17 2.41 34.00 0% 71.53
整形外科は外傷の患者が多く、骨折に関する手術が多くなっています。大腿骨骨折に関しては平均年齢が80歳前後と高く、また術後に回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟でリハビリを継続して行っているため、平均術後日数が長くなっています。5番目は人工関節置換術の手術が多くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 14 1.07 6.57 0% 39.29
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 13 0 1.00 0% 33.00
K877 子宮全摘術 - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) - - - - -
産婦人科は子宮頸部(腟部)切除術が多くなっています。その他子宮筋腫に対する手術なども行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 404 0.45 1.00 0% 76.80
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 25 0.08 1.00 0% 79.28
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 0.08 1.00 0% 81.67
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 12 0.25 1.00 0% 71.00
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
眼科は白内障に対する水晶体再建術を多く行っています。当院では白内障(片眼)の治療を1泊2日、もしくは2泊3日で行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 67 1.00 0.70 0% 65.82
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
腎臓内科は人工透析で使用する内シャントの狭窄・閉塞に対してバルーンカテーテルを用いて再開通させる手術が一番多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 19 0.60%
異なる 10 0.32%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 76 2.42%
異なる - -
敗血症とは生命を脅かす重篤な感染症です。免疫力が低下していたり、特定の慢性疾患があると感染症が重篤化して発症しやすくなります。
手術・処置等の合併症の症例数76件は、腎臓内科の内シャント狭窄、閉塞に関する手術となっています。
更新履歴
2018年9月27日
平成29年度 病院指標を公開しました。