平成28年度 公立刈田綜合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 258 91 59 97 145 226 535 686 825 248
当院の入院患者は70歳、80歳代が多く半数を占めており、60歳以上では72.4%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 30.92 21.25 12.00% 85.52
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 37 23.24 12.43 2.70% 79.59
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア2 21 16.19 15.29 0% 83.81
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 14 5.64 5.24 0% 63.64
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 14 5.71 5.50 0% 59.00
内科は誤嚥性肺炎、尿路感染症、肺炎など感染症の患者が多くなっています。一番多い疾患は肺炎ですが、28年度から肺炎のDPCコードが大きく変更となり、年齢や重症度別に細かく分類されたため、高齢者の中等度の市中肺炎のみの患者数となり、上位3番目となっています。上位3位までは平均年齢が80歳と高齢で、在院日数は全国平均より長くなっています。次いでめまい、ウイルス性腸炎の順に多くなっています。これらの疾患の平均在院日数は全国平均とほぼ同じです。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 14 8.79 9.02 0% 71.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 36.77 21.25 0% 85.23
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 12.00 5.24 0% 71.20
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - 5.50 - -
消化器科は大腸ポリープ切除が一番多いですが、集計の対象外です。集計条件では早期胃がんの内視鏡切除が一番多くなっています。次いで誤嚥性肺炎、めまいが多くなっています。4番目は大腸憩室炎が多くなっています。大腸憩室炎とは、憩室と呼ばれる大腸の一部が外へ袋状に飛び出した場所に細菌が増殖して炎症を起こす病気で、中年~高齢者の患者さんが多くなっています。5番目はウイルス性腸炎が多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 24.03 17.95 6.10% 83.30
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし 17 2.00 3.63 0% 57.65
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.38 - -
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 25.02 - -
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.75 - -
循環器科は心不全、睡眠時無呼吸症候群の治療、検査を多く行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 53 4.17 6.02 0% 2.42
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 50 3.14 5.50 0% 5.10
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 3.59 6.42 0% 5.88
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 5.76 5.79 0% 6.55
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 19 2.89 3.95 0% 1.95
小児科は急性気管支炎、急性細気管支炎が一番多く、喘息、肺炎も含め小児呼吸器疾患が多くなっています。2番目にウイルス性腸炎が多くなっています。小児科の平均在院日数は全国平均より短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 10.67 9.08 5.60% 71.56
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 14 4.21 5.50 0% 48.64
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 13 9.54 7.89 0% 50.38
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 10.15 7.61 0% 64.38
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 19.50 12.43 0% 69.92
外科は腸閉塞の治療が多くなっています。次いでウイルス性腸炎が多く、3番目に大腸の憩室炎、胆のう炎の腹腔鏡下手術の件数が同数で多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿骨近位骨折 人工骨頭挿入術等 73 52.74 27.63 2.70% 82.26
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 54 12.28 5.49 0% 64.48
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2なし 18 46.28 18.35 0% 82.94
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 16 26.44 20.57 6.3% 67.19
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 14 25.50 11.91 0% 43.50
整形外科は大腿骨近位部骨折に対する手術の症例が一番多くなっています。次いで前腕、手首の手術、多部位外傷、脊椎圧迫骨折と、高齢者の転倒等による外傷が多くなっています。術後に回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟に移り、リハビリを継続して治療を行っているため、平均在院日数が全国平均より長くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 6.87 5.24 0% 67.20
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.25 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 発症前RankinScale 0、1又は2 - - 16.54 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり 発症前RankinScale 0、1又は2 - - 18.76 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 18.71 - -
神経内科は急性期脳梗塞の症例が一番多いですが、28年度から脳梗塞のDPCコードが大きく変更となり、脳梗塞の発症時期、意識レベル、発症前の日常生活動作(食事や着替えなど)のレベルなどにより細かく分類されるため、DPCコード個別での件数が少なくなっています。集計条件で一番多い症例はめまいとなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 - - 12 - - 1 7
大腸癌 12 - 18 17 17 - 1 7
乳癌 - 13 - - - 24 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発とは、自院・他院を問わずがんと診断されてから最初に治療計画を立てて、治療の評価を行うまでの期間をいいます。
再発とは、最初の治療計画を終えて再評価をしてからの治療をいいます。ただし、最初の治療計画で立てた治療中に転移などを認めた場合はその時点で再発となります。
がんと診断されてから治療を行うまでの間に、詳しく検査を行い、得られた結果から、がんがどのくらい進行しているかを調べます。これを病気分類(ステージ)といい、数字が大きくなるほど進行し、Ⅳが最も進行している状態となります。

胃がんはStageⅠの早期がんに対する治療が多くなっています。大腸がんはStageⅢ、Ⅳの進行した状態での治療が多くなっています。乳がんはStageⅡが多く、手術の症例が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.3 52.1
中等症 97 20.8 77.5
重症 27 36.6 85.3
超重症 11 17.7 78.4
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎について、A-DROPスコアの重症度分類別に集計したものです。
重症になるにつれて平均在院日数、平均年齢が高くなっています。
超重症に関しては、死亡例もあり、平均在院日数は短くなってはいますが、バラつきが非常に大きいです。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 17 3.94 80.59 5.88%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 64 69.83 78.98 14.06%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
発症から3日以内の脳梗塞・急性期に対し、積極的に治療を行っています。急性期の患者さんが多数のため、急性期・慢性期を合わせた患者数で集計しています。
当院では回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟を有しており、急性期を脱した患者さんや社会復帰、在宅復帰に時間のかかる患者さんに対しても継続して治療・リハビリを行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 75 0.98 1.00 0% 66.35
K664 胃瘻造設術 10 34.40 42.00 30.00% 80.20
K386 気管切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
内科・腎臓内科を合わせて集計しています。内科は人工透析で使用する内シャントの狭窄・閉塞に対してバルーンカテーテルを用いて再開通させる手術が一番多くなっています。次いで胃瘻造設術が多くなっています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2センチメートル未満) 104 0.79 1.18 0% 66.40
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 14 0.08 7.72 0% 71.21
K654 内視鏡的消化管止血術 12 0.92 13.25 0% 70.17
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2センチメートル以上) - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
消化器は大腸ポリープの内視鏡的切除術が一番多くなっています。次いで早期胃がんに対し、専用の器具を使用して大きな病変を切除するESDといわれる手術が多く、3番目は胃十二指腸出血に対する内視鏡を使用した止血術が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 38 1.26 4.95 0% 69.71
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 1.83 8.39 5.56% 64.94
K617-2 大伏在静脈抜去術 12 3.17 9.58 0% 61.83
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K5606 大動脈瘤切除術(吻合または移植を含む。)(腹部大動脈瘤(分枝血管の再建を伴うもの)) - - - - -
外科は鼠径ヘルニア手術が多くなっています。2番目は腹腔鏡下胆のう摘出術です。腹腔鏡を使った傷の小さな手術です。3番目は下肢静脈瘤に対する手術の一つで、大伏在静脈抜去術です。下肢静脈瘤とは血液の逆流を防ぐ弁が悪くなり、血液が下肢の静脈に溜まって血管が風船のように膨らんでしまう病気です。この手術は悪くなった大伏在静脈を取り除く手術です。4番目は腹腔鏡を使用した結腸がんの切除術が多くなっています。5番目は腹部大動脈瘤の手術です。腹部大動脈瘤を切除した後、人工血管を移植する手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0732 関節内骨折観血的手術(手、足) 66 0.82 14.37 0% 65.15
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 63 3.40 45.78 4.76% 83.08
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 2.40 54.24 0% 78.72
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) 17 1.41 32.88 0% 69.12
K0821 人工関節置換術(股、膝) 15 3.73 47.87 0% 69.27
整形外科は外傷の患者が多く、1番目から5番目まで骨折に関する手術が多くなっています。大腿骨骨折に関しては平均年齢が80歳前後と高く、また術後に回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟でリハビリを継続して行っているため、平均術後日数が長くなっています。5番目は人工関節置換術の手術が多くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 10 0 1.00 0% 46.90
K867 子宮頚部(膣部)切除術 - - - - -
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K8881 子宮付属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) - - - - -
産婦人科は子宮内膜掻爬術が多くなっています。その他子宮筋腫に対する手術なども行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 389 0.48 1.00 1.03% 76.13
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
眼科は白内障に対する水晶体再建術を多く行っています。当院では白内障(片眼)の治療を1泊2日、もしくは2泊3日で行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 90 2.99%
異なる - -
手術・処置等の合併症の症例数90件は、内科(腎臓内科)の内シャント狭窄、閉塞に関する手術となっています。
更新履歴
2017年9月28日
平成28年度病院指標を公開しました。