平成27年度 公立刈田綜合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 424 105 82 114 148 218 617 723 843 286
平成27年度中に退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しております。入院患者数は総数で3560人、うち60歳以上が2469人で69.4%を占め、60歳未満は1091人で30.6%となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 98 21.96 14.34 1.02% 79.70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 84 25.21 21.69 5.95% 83.95
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 77 3.03 3.40 0.00% 63.34
80歳前後の肺炎・誤嚥性肺炎が多くなっております。人工透析患者(3月現在実患者128名)の治療を行っており、経皮的シャント拡張術・血栓除去術を多く行なっております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 26 5.54 5.50 0.00% 59.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 29.00 21.69 0.00% 82.43
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 14.06 11.00 0.00% 75.19
ウィルス性腸炎が一番多く、80歳以上の誤嚥性肺炎も多くなっております。消化管出血の救急患者の受け入れ、内視鏡的消化管止血術も多く行なっております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 20.70 18.30 14.89% 79.85
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし 46 2.04 3.16 0.00% 66.65
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 15 29.53 26.02 13.33% 80.67
当科は、急性心不全治療と睡眠時無呼吸症候群の検査及び治療を多く行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 129 4.85 5.72 0.00% 1.99
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 3.60 6.31 0.00% 4.20
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 83 3.43 5.50 0.00% 4.29
肺炎、気管支炎が多く、次いで喘息、ウィルス性腸炎の治療も多く行なっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 6.56 9.17 0.00% 67.88
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 24 10.04 7.84 0.00% 67.67
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 23.21 17.41 0.00% 69.86
腸閉塞、胆のう炎等の治療が多くなっております。鼠径ヘルニアの治療も多く行っておりますが、短期滞在手術として扱われるために、本集計には反映されておりません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 73 57.32 28.70 9.59% 81.70
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 40 10.05 5.70 0.00% 61.98
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 26 56.96 20.64 7.69% 80.04
大腿骨骨折、股関節大腿近位骨折、前腕骨折手術が多く、80歳前後の患者が大半を占めています。術後は回復期リハビリテーション病棟においてリハビリテーションを継続しているため、入院期間が全般に長期となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 15 1.93 2.34 0.00% 35.47
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 11 11.91 9.94 0.00% 31.55
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
帝王切開術と流産手術の産科治療が多くなっており、切迫早産等の治療も行っております。尚、平成28年5月より産科セミオープンシステムにより、現在は分娩は取り扱っておりません。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 21 66.38 18.08 9.52% 76.05
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 6.36 5.31 0.00% 63.18
010060x099020x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - - - - -
脳梗塞急性期、めまい等の治療を行っております。早期リハビリとともに、急性期から回復期リハビリテーション病棟へ移行しているため、平均在院日数が長くなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - - - - 1 7版
大腸癌 - - - - 30 - 1 7版
乳癌 - - - - - - 1 7版
肺癌 - - - - - 18 1 7版
肝癌 - - - - - - 1 7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに入院した患者数を集計したものです。病期分類(ステージ)は、がんがどれくらい進行しているかを意味します。病期分類は数字が大きいほど「進行しているがん」であると表され、StageⅣが最も進行していることになります。当院では、胃癌が32人、大腸癌が32人、乳癌が8人、肺癌が6人、肝癌が2人となっております。「不明」とは、Stageが特定できない場合です。治療前の検査入院中に検査結果が出なかった場合等です。
※集計数が10未満の場合は、ハイフン(-)で表示しておりますので、ご了承ください。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 34 13.35 75.97
重症度 2 47 25.09 83.64
重症度 3 24 37.46 85.63
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。当院は「重症度2」が多く全体の39.8 %となっております。年齢が高くなるほど重症度が高くなり、平均在院日数も長くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 4.40 72.00 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 83 43.17 79.36 8.43%
その他 13 44.62 84.38 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症から3日以内の脳梗塞急性期に対し積極的に治療を行っております。また、早期のリハビリを行っております。当院では、回復期リハビリテーション病棟を設置しており、急性期を脱した患者さんは転棟しリハビリに専念し、在宅復帰しております。そのため、平均在院日数が多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 75 1.01 0.99 0.00% 62.68
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
腎臓内科において人工透析患者(3月現在実患者128名)の治療を行っており、経皮的シャント拡張術・血栓除去術が多く行なっております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 193 0.91 1.23 0.00% 66.94
K654 内視鏡的消化管止血術 16 0.94 17.81 0.00% 74.88
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 10 1.80 6.00 0.00% 73.00
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を多く施行しております。また、消化管出血を伴う救急患者の受け入れ、内視鏡的消化管止血術、小腸結腸止血術も行っております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 12 4.83 8.58 0.00% 68.92
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 10 7.40 12.90 0.00% 75.40
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
経皮的冠動脈ステント留置術、ペースメーカー移植術を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 40 0.43 1.10 0.00% 77.45
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 34 1.35 4.09 0.00% 63.79
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 26 1.31 8.04 0.00% 68.42
鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っております。その他の腹腔鏡下手術を行っております。(当院の都合で、眼科の患者さんも外科で入院する期間があったため白内障の手術が含まれております。)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0732 関節内骨折観血的手術 手、足 66 1.08 22.23 1.52% 61.06
K0461 骨折観血的手術 上腕、大腿 53 1.97 38.56 7.55% 57.13
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 46 2.37 38.48 8.70% 67.91
大腿骨骨折、前腕骨折に対する手術を多く行っております。大腿骨骨折等の手術後は回復期リハビリテーション病棟でリハビリを行っているため平均在院日数が長くなっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 16 0.25 0.94 0.00% 35.19
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 12 3.00 9.17 0.00% 31.58
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
流産手術、帝王切開術が多く、また、婦人科では子宮頚部の手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 213 0.42 1.07 0.00% 76.32
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
白内障に対する水晶体再建術を多く行っております。当院では、白内障(片眼)の治療を1泊2日、もしくは2泊3日で行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 91 2.56%
異なる - -
180040手術・処置等の合併症91件については、腎臓内科(透析)の経皮的シャント拡張術・血栓除去術となっております。
更新履歴
2016/09/30
平成27年度病院情報を公開しました。