地域医療連携

TOP > 地域医療連携 > 回復期リハビリテーションのご案内

回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは

病棟の日常風景  当院の回復期リハビリテーション病棟は、2011年4月より開設しました。対象患者様は主に、脳血管疾患と大腿骨骨折が約9割を占め、その他は肺炎や手術後安静治療のために廃用症候群となった患者様です。

 私たちは患者様に対して、日常生活能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的とし、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士等の職種が共同してリハビリテーションを集中的に行っています。

 リハビリの一環として出来る限り家庭に近い生活をしてもらうよう、なるべく昼は普段着、夜はパジャマ又は病衣に着替えていただき、食事はベッド上ではなく食卓を囲んで食事をしていただいています。

 当院の回復期リハビリテーション病棟の利点として、基礎疾患がある患者様でも、病院内でフォローが出来る事と万が一急変した場合でも、急性期病棟で適切な医療を提供できることです。

回復期リハビリテーション病棟実績

リハ入院条件1
在宅復帰率
(平成30年11月時点)
88.0% 自宅退院率
重症者回復率
(平成30年11月時点)
80.0% 日常生活機能評価で3点以上回復した数

病床数
病床数(ベッド数) 51床

ADL改善(FIMスコアの比較)
(平成30年11月時点)
ADL改善
入院時 退院時平均 改善点平均
71.2 94.4 23.1

回復期リハビリテーション病棟の一日の流れ

(タイムスケジュール)回復期病棟の一日の流れ

回復期リハビリテーション病棟の一日の流れ

  • 病院のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通のご案内
  • 看護部のページ
  • 回復期リハビリのご案内
  • 広報