地域医療連携

TOP > 地域医療連携 > 回復期リハビリテーションのご案内

回復期リハビリーションのご案内

当院でのリハビリテーションについて

    当院では、急性期より積極的なリハビリテーションを実施しております。また、回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期から回復期までの一貫したリハビリテーションを展開しております。

リハビリテーション提供体制

    回復期リハビリテーション病棟では、早期の社会復帰・自宅退院を実現するために土曜・祝日(日曜は除く)もリハビリテーションを行っております。

    週6日のリハビリ提供

    週6日のリハビリ提供
スタッフ数
    スタッフ数
    理学療法士(PT) 14  人
    作業療法士(OT)  8  人
    言語聴覚士(ST)  5  人

    ※回復期リハビリテーション病棟の配置は、理学療法士6人、作業療法士4人、言語聴覚士5人です。
    ※2018年11月01日現在

スタッフ一同

    2019年スタッフ

理学療法(Physical Therapy:PT)

理学療法士(PT)

理学療法においては、運動療法・物理療法などを駆使し発症早期から積極的に離床を促し、移動動作の確立を目指します。 また、訓練室のみではなく病棟でもADL(日常生活活動)訓練を行います。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法士(OT)

食事やトイレ等のADL(日常生活活動)訓練及び作業活動を通じて生きがい、やりがい作りに即した援助をいたします。新たな生活を想定しての訓練や、生活に便利な福祉用具の選定のお手伝いもいたします。

言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)

言語聴覚士(ST)

聞く・話す・読む・書くといった、言葉の機能や発音の訓練を行い、ご家族やお知り合いとコミュニケーションを取れるように援助いたします。また、飲み込む訓練を行い、楽しいお食事を召しあがっていただけるように援助いたします。

医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker:MSW)

医療相談室では、医療ソーシャルワーカーという専門のスタッフが患者様やご家族の話を伺います。(医療ソーシャルワーカーとは、患者様やご家族様が抱える様々な問題のご相談に対して、社会福祉の立場からお手伝いをさせていただくのが仕事です。

  ⇒詳しくはこちら

  • 病院のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通のご案内
  • 看護部のページ
  • 回復期リハビリのご案内
  • 広報